全自動血球計算機

日本光電セルタックα

血液中の細胞(赤血球・白血球・血小板)の数等を計測してくれる装置です。炎症や貧血の有無を調べる際に使用します。また、血液凝固に関わる血小板の数も確認することができます。

血液生化学分析装置

フジフィルムメディカル ドライケム4000i

採取した血液中の様々な成分を分析し、全身状態の確認をする診断装置です。内臓の機能に異常がないか、どの部分の疾患なのか、栄養状態はどうかなどを推測する検査に用いられます。ドライケムの特徴として、体内の炎症反応を検出するCRPや、膵炎のマーカーであるリパーゼを即時に測定できることが強みです。

血液生化学分析装置

アークレイ スポットケムEZ

採取した血液中の様々な成分を分析し、全身状態の確認をする診断装置です。内臓の機能に異常がないか、どの部分の疾患なのか、栄養状態はどうかなどを推測する検査に用いられます。糖尿病の指標であるフルクトサミンが即時に測定できることが強みです。

血液凝固分析装置

WAKO COAG2NV

血液が固まる際に必要な各種成分(凝固因子)を測定します。安全に手術を実施するために必要な検査です。凝固因子の解析により、病的に出血しやすい状態かどうかが確認できます。また、様々な病気の合併症として生じる凝固異常を早期に発見することで、重篤な疾患での救命率を上げることができます。

顕微鏡

OLYMPUS

肉眼では見えない細胞や寄生虫を確認する装置です。血液検査、糞便検査、尿検査、細胞診など幅広い検査で活躍します。デジタル装置を連動してモニターに映し出すことも可能です。

カラー超音波診断装置

ALOKA α7

超音波を用いて体の内部をリアルタイムに確認する装置です。心臓の動き、血流速度、逆流の有無といった状態を確認する際に使用されます。また、腹部臓器(肝・胆・消化管・腎・膀胱・子宮など)の構造も観察できます。

心電図

フクダ電子 CardioMax

心臓の電気的な活動の様子をグラフにして記録する装置です。心臓の拍動リズムが乱れる疾患(不整脈)の診断や心肥大のチェックに役立ちます。

CR (computed radiography)

フジフィルムメディカル FCR

X線によって体内の様子を調べる装置です。デジタル処理により撮影後すぐに現像されるため、従来のフィルム現像よりも迅速に解析が可能です。

X線照射装置(透視装置付)

島津メディカルシステムズ

いわゆるレントゲン検査の器械です。X線により体の内部を可視化して診断に役立てます。

歯科用X線照射装置

Asahi

口腔内を撮影するレントゲン装置です。目では見えない歯の根元を確認し、抜歯が必要の判断や顎の骨が溶ける疾患(歯周病)の評価に活躍します。

細隙灯顕微鏡(スリットランプ)

KOWA ポータブルスリットランプ

まぶた、角膜(黒目の表面)、結膜(白目の表面)、虹彩(茶眼)、水晶体(レンズ)などの傷や炎症、そして緑内障、白内障など、多くの目の病気が診断できます。

眼圧計

トノベット

眼の表面に接触させて眼圧を測定します。緑内障の診断に必須の器械です。

双眼倒像鏡

頭にかぶって、光を当てて眼底を検査します。両眼を使って観察できるので、立体的に眼底を立体的に見ることができます。ダックスフンド等で多い網膜疾患の診断に役立ちます。

ウッド灯

皮膚の真菌感染を発見するために紫外線を照射して検査します。暗くした部屋で患部に光をかざします。 特定の真菌(カビ)が存在すると、光の下でそれらが蛍光を発します。

麻酔器

ドレーゲルメディカル Fabius Plus

麻酔器は、酸素ガスと吸入麻酔薬を患者に送り全身麻酔をかけることができる機器です。

安全な麻酔のためには精度の高い麻酔ガスの調節が必要ですが、ドレーゲル社製の気化器は非常に精密であり安心して使用できます。また、人の小児にも十分対応できる人工呼吸機能が使用できるため、超小型犬の手術時にも力を発揮します。

生体モニター

日本光電 Life Scope

安全な麻酔のためには適切な生体情報のモニタリングが必須です。

​生体モニターを使用することで、心拍数・血圧・呼吸数・経皮的動脈血酸素飽和度・終末呼気二酸化炭素濃度をモニタリングすることができます。五感を使用した生体情報の感知と合わせて使用することで患者の変化を鋭敏に検出することができ、麻酔の安全性を高めることが可能となります。

電気メス

GIMA DIATERMO

電気エネルギーにより低侵襲で安全な手術が実施できます。主に細かい血管を止血しながら切開するバイポーラ鉗子を使用します。

半導体レーザー

サブタイトルを入力してください

レーザーメスです。細いファイバーの先にエネルギーが集中しますので非常に細かい手術で活躍します。

ベッセルシーリングシステム

Vallylab LIGASURE

直径7mmまでの血管を結紮することなく閉鎖することが可能で、縫合糸を使用したくない場合に有効です。

内視鏡

サブタイトルを入力してください

胃腸の状態を中から確認することが可能です。慢性の消化器症状の原因追及のための生検や、誤食してしまった異物の摘出等に活躍します。

動物専用ICU装置

フクダME DearM11

隅々まで酸素がいきわたる循環機能を有し、酸素濃度40%を維持します。また、精密に温度と湿度を調節することができるため、重篤な動物の管理や、手術前後の酸素化に大いに役立ちます。特に、循環器や呼吸疾患での緊急時に救命率を飛躍的に向上させることができます。

Please reload

医療機器

​★ 当院からのお知らせ ★
12月の院長不在日

・水曜日、10日(火)午後

12月の澤獣医師不在日

・日曜日、6日(金)、14日(土)、20日(金)、26日(木)

© 2017 by Honjo Animal Hospital.

  • Facebook Social Icon