Please reload

最新記事

犬や猫は怖い存在? コリネバクテリウム・ウルセランス感染症

January 17, 2018

1/2
Please reload

特集記事

セミナーに参加しました

August 16, 2018

 

 8月15日、群馬夜間救急動物病院にて行われたセミナーに参加しました。

 

 テーマは「泌尿器の外科と麻酔」です。講師はどうぶつの総合病院麻酔科/外科の主任であり、アメリアの獣医外科と麻酔科の専門医である浅川誠先生です。

 

 泌尿器とは、腎臓・尿管・尿道・生殖器など、尿を産生して排泄する一連の器官の総称ですが、この泌尿器の疾患を持つ患者さんに麻酔をかける時に、特に注意を要するのが腎機能への影響です。

 腎臓は通常でも心臓から拍出された血液の20~25%が送られるほど重要な臓器ですが、血圧や腎臓への血流量によりその機能が影響を受けます。

 

 麻酔時には、麻酔薬の影響により血圧や心拍出量が低下する場合があり、腎臓機能を保護するために、一定の血圧を維持するように麻酔管理を行わなければなりません。

 

 今回のセミナーでは、腎臓の機能に関する生理学をはじめ、麻酔管理における様々な異常への対処法や泌尿器疾患の外科に関するポイントについて知識をアップデートすることが出来ました。日々の診療に役立てていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索